Pythonによる仮想通貨自動トレードBOT作成の流れ

Pythonによる仮想通貨自動トレードBOT作成の流れ

原発の再稼働促進、本ブログの再稼働と何かと再稼働が多い今日のこの頃。
仮想通貨市場も夜明けが近そうですね。

活気が戻った仮想通貨で単純に稼ぐのも良いですが、
折角なら今後非常に役立ち、良い趣味にもなるスキルも一緒に身に着けてみませんか?

本ブログでは、プログラムを用いたビットコイントレード手法を地道に解説していきたいと思います。
まずは、実践導入することをゴールとします。
ゴールまでの道筋は以下です。

Advertisement

Python環境の構築

プログラミング言語にはPythonを用います。

自分のPC、もしくはWEB上でコードを作成し、実行する環境を構築します。
AnacondaやAmazonWebServiceといったツールを用いる予定です。

トレードロジックの検討

いつ、どのタイミングでビットコインをトレードするかを検討します。

例えば、今の価格に対して10ドル上がればロング(買い)、
10ドル下がればショート(売り)ポジションを持つといったものです。

このロジックが優秀であれば利益が出ますが、ダメなら損失は膨らむばかりです。

自動トレードBOTの作成

検討したロジックをプログラムとして忠実に再現します。

シンプルなものであれば、初心者でもあっさり作れますし、複雑だからといって良いとは限りません。
Pythonの基礎を解説しつつ進めていきます。

トレードテスト

作成したプログラムの性能をチェックします。
手法としては、

① トレード模擬サイト(Testnet)で作成したプログラムを動かす
② トレード模擬プログラムを作成する

ことが挙げられ、各々メリット・デメリットがありますので、バランスよく双方用いていきます。

例えば、①はより実践的なテストができますが、リアルタイムでのトレードとなるため、BOTの性能チェックに時間がかかります。

一方、②は過去のチャートデータを基に、作成したプログラムを動かしていたらどうなるかを確認するため、すぐに結果が得られますが、実践導入時の挙動は確認できません。

自動トレードBOTの改良

トレード模擬で得られた結果を基に、バグを取り除くとともに、
より利益が出るようBOTを改造していきます。

手法としては、新たなロジックの検討・導入やベイズ最適化によるパラメータの調整等が挙げられます。

ここが一番面白いところです。

Advertisement

ビットコインの入手

トレードの元手となるビットコインを入手します。簡単に入手できます。

実践導入

いざ実戦!BitMEXという取引所でのトレードを予定しています。

このような流れになります。
最後にBOTトレードのメリットを3つ言っておくと、

① 24時間無休で張り付ける
② 人間の感情抜きにトレードできる(プロは別ですが、トレードは感情に左右されがちです)
③ 同時にプログラミングを習得できる

著者的には③が最も大きいです。
Pythonは昨今あらゆる先端技術で用いられており、非常に有用です。

まずは1歩踏み出してみましょう!