Googleアドセンスの審査に1発で合格する方法とは?合否連絡が来ない時の対処法まで解説!

Googleアドセンスの審査に1発で合格する方法とは?合否連絡が来ない時の対処法まで解説!

ブロガー最初の難関と言われているGoogleAdSense合格。
当ブログにおいても、GoogleAdSense合格を1つの目標に掲げ、勤しんで参りました。

その結果、先日「1発合格」をいただいたため、合格までの軌跡を紹介していきます。

Advertisement

GoogleAdSenseとは?

もはや説明不要でしょう。Google社が提供する広告プログラム。
クリック報酬型では最高峰の収益率と言われています。

また、ブロガー界隈では「審査が厳しい」ことでも有名です。

アドセンス合格までにやったこと

記事を投稿し続ける

GoogleAdSense申請時、当ブログの記事数は15本程度でした。
そこから合格まで2週間程度かかりましたが、その間、審査中も毎日記事を1本以上投稿し、
最終的には36本になっていました。

ネット上には、合格方法が書かれている記事は多数存在しますが、
記事数については概ね記事20以上、可能であれば30以上が目安としている記事が多いです。

記事の質を高める

記事数を増やすのは良いですが、それだけではありません。
記事の質にもこだわりました。

一般的に、1つの記事につき最低でも1000文字以上と言われています。

当ブログでは、1記事最低1000文字は守りつつ、力を入れた記事では4000文字以上書いていました。
トータル平均では2000文字以上になっています。

確実に合格するには、このラインを目指すと良いでしょう。

デザインにこだわる

GoogleAdSenseの審査ではデザインも評価対象のようです。
デザインといっても、見た目の華やかさだったり、ユーザビリティだったり、
色々あります。ただし、見栄えを良くするために、サイト読み込み速度が遅くなってはマイナスです。

当ブログで実施したデザインに関する作業は以下2点。

  • メニューバーの追加(ユーザビリティ)
  • WordPressテーマの使用(見栄え)

ユーザビリティのメニューバーについては、ライブドアブログでも簡単にできるものです。
当ブログでは、通常のメニューバー+マウスオーバーでドロップリスト表示にしていました。

ただし、審査期間中にWordPressに移行し、ドロップリスト表示を削除したため、
ドロップリストはあまり関係ないと考えられます。

デザイン性は、WordPress無料テーマレベルなら問題ないでしょう。
WordPressの無料テーマがどんなものかはググればわかるので、ご参照ください。
ライブドアブログでも十分にカスタマイズ可能です。

余談:
デザイン性については、ライブドア初期ベースのあっさり感も嫌いでは無かったのですが、
かの有名なKUMAPさんより、「デザインが絶望的!」と評され、一念発起。
ライブドアでCSSを頑張るのもありでしたが、「SSL化の必要性」が最も気になっており、
「WordPressに移行して、デザインもSSL化も一気にやってしまおう!」と決意したのです。

関連記事:LION MEDIAの設定方法:タイトルロゴの拡大・サブタイトルのサイズ変更

プライバシーポリシーの作成

ブログの運用ルールを示すプライバシーポリシー。これは必須事項です。
GoogleAdSenseの規約に沿ったプライバシーポリシーを作成しましょう。

作成の際は、例文コピペOKとしている説明サイトが多々ありますので、検索してみてください。
重要なのは、
・訪問者の情報として何を知り得るか。
・得た情報をどう扱うか。
・広告として何を使っているか。
・免責事項
このあたりを明記しておくことです。

お問い合わせフォームの作成

ブログ管理者に連絡する手段も必須です。
WordPressであれば、固定ページとして簡単に設置できます。
固定ページから新規追加してください。

ライブドアブログでお手軽にお問合せフォームを作る場合は、以下が良いでしょう。

【最も簡単な方法】
サイドバー等にフリーエリアを設置し、HTMLで問い合わせメールリンクを追記する方法です。
例:お問い合わせは<a href=”mailto:(あなたのメールアドレス)”>こちら</a>



【Googleフォーム】
Googleが提供するアンケートフォームですが、メッセージの吸い上げという意味で、
お問い合わせフォームとしても使用可能です。
URL↓
https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

作成後は、そのままリンクしても良いですし、
記事内に埋め込んでお問い合わせページを作っても良いです。

NGジャンルの確認

NGジャンルについては、GoogleAdsのガイド及び紹介しているサイトを複数見比べました。
概ね、いくつかの紹介サイトを確認して、全てクリアしていれば問題ありません。

ブログのSSL化

必須ではありませんが、大きなプラス要素と考えられます。
理由としては、

  • Google検索はSSL化済みのウェブサイトを優先して表示することを表明している
  • GoogleChromeにおいて、非SSLのウェブサイトへのアクセスは「警告」を表示するようになった

ことが挙げられます。

ブログをSSL化する場合は、無料であれば「はてなブログ」、おすすめは「レンタルサーバー+WordPress」です。
ライブドアブログは現在SSL化対応中であり、施工時期は未定です。

Advertisement

その他のTips

巷で流れている噂や、私が悩んだところ等。
当ブログにおける有用と思われる経験を紹介します。

他社の広告があるとNG?

全くそんなことはありませんでした。
申請から合格まで、当ブログには以下の広告が掲載されていました。

  • 忍者AdMAX(クリック報酬型プログラム)
  • A8net(総合アフィリエイト)
  • Amazonアフィリエイト
  • BitMEXアフィリエイト
  • Zaifアフィリエイト
  • Bitflyerアフィリエイト
  • ただし、メイン記事より上のバナー広告は減点ポイントと言われていますので、
    そこだけ削除しました。

    審査が終わらない時に試したこと

    当ブログがGoogleAdSenseに審査申請したのは8月4日。
    合格通知は8月24日です。実に20日間かかっています
    (後述しますが、実際は18日(不明期間)+2日)

    審査には1ヶ月以上かかった・・・という人もいれば、
    数時間で終わったという人もいます。

    とはいえ、やはり10日以上も音沙汰無いと不安になってくるもの。
    そこで、以下の2つの方法を実践しました。

    お問い合わせしてみる

    Google AdSenseのホーム画面には、お問い合わせフォームが設置されています。
    そこから、審査状況がどうなっているのか問い合わせてみることにしました。

    しかし、開いてみると、明らかに合格後用のお問い合わせフォームでした
    ですが、一応問い合わせ可能なので送信。

    この後、一週間程度全く音沙汰無かったことから、無意味と思われます
    かえって逆効果かもしれません。

    アカウントキャンセル→再申請

    審査に1ヶ月かかった人もいるのだから、それくらい待とうかという気持ちもありました。
    しかし、当ブログでは、審査申請後、大きくデザインや環境が変わっていました
    具体的には、以下2点。

  • WordPressに移行したことで、デザイン性が大幅に向上
  • SSL化により、URL変更(http→https)
  • このため、もし変更後の状態で審査されず、ただ不合格を待つだけだったら?という不安がありました。
    そこで、一度申請を取り下げ、新しい環境で再申請を実施しました
    単純に審査に時間を要しており、例えば80%終わっていたといった状況であれば完全に悪手。
    一方で、何らかのエラー等により「審査されない状態」になっていたとしたら大正解。

    この結果、キャンセル後の再申請から2日後に合格通知をいただきました
    結局、いままで何故返事がなかったのかは不明です。ですが、申請から2日で一発合格とも言えます。

    というわけで、必ずしも正解とは限りませんが、

  • 審査申請から二週間以上音沙汰無い
  • 審査申請時からサイト構成環境が大幅に変わった
  • という方は試してみる価値があるかもしれません。

    なお、アカウントキャンセル→再申請は、設定のアカウント情報から実行可能です。

    以上になります。これから審査申請される方の一助になれば光栄です。