ライブドアブログからWordPressへの確実な移行方法

ライブドアブログからWordPressへの確実な移行方法

先日、当ブログはライブドアブログからWordPress(wpXサーバー)に移行しました。

というわけで、今回は最新の実例を踏まえたブログ移行方法を余すことなく説明します。
ちなみに、私の実例では、ブログ移行は半日程度かかりました。
休日に実施することをおすすめします。

Advertisement

はじめに

ざっくりと概要を説明します。

WordPressとは?

WordPressはオープンソースのブログソフトです。

無料のテーマやプラグインが豊富で非常にカスタマイズ性が高く、
さらにHTMLやCSSをある程度知っていれば編集も容易(ライブドアブログのカスタマイズができれば十分です)。

HTML?CSS?全くわからん!という人でも、デフォルトでもデザインが良く、使いやすいテーマが揃っているため、そんなに困ることはないでしょう。
また、HTML、CSSはブログを編集する程度であれば、少し勉強すれば対応できます。

何故ブログを移動したか

当ブログは、元々ライブドアブログで運営していました(二週間くらいですが)。
ライブドアに大きな不満があったわけでもなかったのですが、
常に頭にあったのは、

  • Google検索の優先度獲得のため、今後SSL化が必須となる
  • スマホ版の強制広告(良いところにライブドア側の広告)を消すことができない
  • スマホ版のカスタマイズ性が低い
  • ということです。勿論、安定したサーバーであることや完全無料等、メリットも多々あったのですが。

    アクセスの半分以上はスマホであることから、遅かれ早かれブログ引っ越しが必須になることは目に見えていました。また、SSL化については鋭意対応中とのことでしたが、なかなか実装される気配もなく。

    これらの要件を満たすには、WordPress+レンタルサーバーが最善手と考え、
    どうせいつか移行するんだから、今やってしまおう!と決心し、実行に移しました。

    移行条件

    さて、今回はライブドアブログからWordPressへの引越しを取り上げるわけですが、
    どのような状態で移行したかを明示しておきます。近ければ近い程、本記事での説明がフィットすることでしょう。

    【ブログツール】
    ライブドアブログ ⇒ WordPress

    【独自ドメイン】
    ライブドアブログに反映済み(お名前.com) ⇒ WordPressへドメイン移行

    【サーバー】
    ライブドアサーバー ⇒ wpXクラウド

    独自ドメインの取得

    独自ドメインを持っていない人は、まず独自ドメインを取得しましょう。
    独自ドメインとは、ホームページのURL、例えばhttp://www.(任意のワード).com等のことです。
    ライブドアブログの場合、デフォルトではライブドアブログのドメインから派生したサブドメインになります。
    詳しくは検索してみてください。

    私の場合、お名前.comでwww.parashifter.comの独自ドメインを取得しました。
    .jpや.com等の有名ドメインでも意外と安く買えます。私は10年契約で13000円程度でした。

    今回はドメインの取得について詳しく触れませんが、別途紹介する予定です。

    WordPressの環境構築

    レンタルサーバーの契約

    レンタルサーバーの選定

    さて、WordPressを使うにあたり必須となるのがレンタルサーバーです。
    当ブログはwpXクラウドを使用しています。

    特徴としては、

  • 初期費用0円、月額500円~と安い
  • WordPress運用に最適化された高性能サーバー
  • 7段階のグレードがあり、ブログレベルアップに応じて拡張可能
  • レンタルサーバー業界トップクラスのエックスサーバーが運営
  • といったことが挙げられます。

    レンタルサーバーは格安のものもありますが、転送制限に係る記載が不明瞭である等、
    長く安定して使っていくには、まずはwpXクラウドがベストと判断しました。

    wpXの利用登録

    まずはwpX公式サイトにアクセスし、TOPページの「お申し込み」から、説明フローに沿って手続きしてください。

    登録完了後、ログインすると以下の画面になります。

    さあ、WordPressインストールだ!と思いきや、サーバーの設定準備中となっており、できません。
    これは、利用登録後に、個人のサーバー割り当て等の作業をしている状態です。
    概ね数時間~半日程度要しますので、終わるまでに他の作業を進めておきましょう

    なお、設定が終わると以下のようなメールがきます。

    WordPressのインストール

    サーバーが利用できるようになったら、いよいよWordPressのインストールです。
    管理画面から、「WordPressの管理」⇒「新規インストール」を選択しましょう。
    選択後、URLには独自ドメインを、WordPressIDには任意のID(ログインIDになります)を入力しましょう。

    ※この段階ではSSL化設定はできません。後述のDNSサーバー変更後の作業となります。

    インストールが完了すると、WordPressのログイン画面が表示されます。

    ひとまず、これでWordPressのインストールは完了です。

    ログイン画面が表示されない場合は?

    WordPressインストール後、ログイン画面にならず、
    ライブドアブログの画面が表示される!という方がいると思います。

    これは、ライブドアブログで独自ドメインを設定していた場合、
    ドメインの設定がライブドアブログになっているためです。

    簡単に言うと、指定した住所に置いてあるプレハブハウスがまだライブドアブログであって、WordPressに置き換わっていないということです。

    この根本的な作業は後述するDNSサーバーの変更にて説明します。
    今は、「WordPressの状態を自分のパソコンからのみ確認できる」環境を一時的に構築します。

    この理由は、現段階でWordPressを住所に置いてしまうと、中身のない空箱がネット上に公開されてしまうためです。
    先に中身を整えてから新しいプレハブハウスを設置しましょう。

    ここでは、Windows10の場合の構築方法を示します。
    やることは、hostsファイルの書き換えです。

    【手順】

    ① スタートを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択。

    ② C:\WINDOWS\system32\drivers\etc を入力してOKを押下。

    ③ hostsをコピーして任意のフォルダに保存(デスクトップ等、なんでも良いです)。

    ④ コピーしたhostsをメモ帳等で開き、一番下の行に以下を追記します。

    IPはwpXの管理画面から、「サーバー情報」⇒「サーバー基本情報」に記載のIPアドレス欄の数値を記入ください。IPアドレスとURLの間には半角スペースが入ります。

    ④ 完了したら保存し、元のフォルダ(C:\WINDOWS\system32\drivers\etc)に戻し、上書きします。
     不安な方は、元ファイルのバックアップも取っておいてください。

    以上の作業を終えると、設定したドメインについて、
    自分のPCからはWordPressの画面が表示されるようになります。
    なお、現段階でhostsファイルの追記業を削除すると、ライブドアの画面(元の画面)に戻ります。

    Advertisement

    ライブドアブログ側の準備

    次は、ライブドアブログ側の準備です。やることは2つ。

    画像取得

    今までライブドアブログにアップロードした画像を一括取得します。
    GetHTMLWを使います。 ⇒ダウンロードリンク



    ダウンロードしたら、GETHTMLW.EXEを起動し、右上の「取得」⇒「WebPage取得」を選択し、
    以下のとおりURLを入力します。(独自ドメイン設定中の場合は独自ドメイン、それ以外はライブドアブログのURL)

    あとは自動的にダウンロードされていきます。

    ダウンロードした画像は、GETHTMLW.EXEと同階層のフォルダに保存されます。
    個人でライブドアブログにアップロードした画像は「livedoor.blogimg.jp」⇒「ユーザ名」⇒「imgs」内に保存されています。他の画像は特に使いません。
    imgsの中に数字フォルダがあり、さらにその中に画像が保存されていますが、気にしなくて結構です。

    記事のエクスポート

    続いて、記事のエクスポートです。
    ライブドアブログの「ブログ設定」⇒「バックアップ(エクスポート)」を選択します。

    必要なバックアップ期間等の情報を入力し、「ブログデータを書き出す」⇒「ダウンロード」してください。基本的には以下の画像の設定で良いでしょう。

    終わったら、backup.txtがダウンロードフォルダに保存されていることを確認してください。
    これでライブドア側の下準備は完了です。

    WordPressへの移行

    いよいよ、WordPressへ移行していきます。
    先程ダウンロードした画像をアップロードし、移行後の記事に関連付けます。

    FFFTPで画像をアップロード

    ホームページを作成したことがある人ならお馴染みのFFFTPを使って画像をアップロードします。

    FFFTPダウンロードリンク(窓の社)

    【wpXのFTP設定】
    管理パネルの「WordPress設定」から「FTP設定」を選択してください。
    ここでFPTを有効にし、パスワードを設定の上、FTPアカウント名とFTPホスト名を表示してください。

    【FFFTPの設定】
    FFFTP側では、「接続」⇒「接続」⇒「新規ホスト」の順で選択します。
    新規ホストの設定画面で、先程表示したアドレス等を入力します。
    具体的には以下の赤枠内です。

    ホスト名に「FTPホスト名」を、ユーザー名に「FTPアカウント名」を、パスワードに「設定したパスワード」を入力します。
    その他は任意なので、必要に応じて入力してください。

    【画像アップロード】
    最後に、wpXサーバーに画像をアップロードします。
    先程作成したホストから接続、以下画像の範囲に表示されているフォルダ「/wp-content/uploads」を選択し、そこにダウンロードした「imgs」フォルダをフォルダごと投入します。
    これで画像のアップロードは完了です。

    パーマリンクの置換

    パーマリンクとは、記事のURLです。
    これからライブドアブログの記事をインポートしますが、記事内で関連記事等を使用していた場合、
    ライブドアとWordPressのアドレス形式の相違によりリンク切れとなります。

    そこで、WordPressに記事をインポートする際のアドレスを変更します。
    独自ドメインの導入タイミングにより手順が変わります。

    【独自ドメインを使っている場合】
    元々独自ドメインを使っている場合は楽です。
    ライブドア側のURLは「http://(あなたのドメイン)/archives/(記事番号).html」となっています。
    したがって、WordPress側のデフォルト値を変更してあげればOKです。

    WordPressの管理画面から、「設定」⇒「パーマリンク設定」と遷移。
    カスタム構造を選択し、空欄に「 /archives/%postname%.html 」と入力して保存してください。

    これでライブドア側と同様の形式でインポートされます。

    【独自ドメインを使っていなかった場合は?】
    独自ドメインを使っていない、あるいはライブドアブログ運営中に途中で独自ドメインに変更した場合は、
    backup.txtに記載のURLをすべて独自ドメインに合わせる必要が生じます。

    ライブドアURLはhttp://(ライブドアの設定)/(ライブドアユーザ名)/archives/(記事番号).html
    ですので、(ライブドアの設定)/(ライブドアユーザ名)の部分を独自ドメインに変更します。

    やり方は至ってシンプル。

    1.backup.txtの内容を一度ワード等の一括置換が可能なソフトにコピー&ペースト
    2.「CTRL+Fキー」で検索窓を開く
    3.(ライブドアの設定)/(ライブドアユーザ名)を検索
    4.(独自ドメイン)に
    一括置換
    5.元のテキストファイルに全てコピー&ペーストして保存

    これでOKです。終わったら、独自ドメインを使用している場合の手順を実施ください。

    記事のインポート

    それでは、記事をインポートしていきましょう。
    まず、WordPressにログインし、管理画面を開きます。
    「ツール」⇒「インポート」⇒「Movable Type と TypePad」のインポーターを実行を押下し、
    先程ダウンロードしたbackup.txtを選択してください。

    これで記事のインポートは完了です。

    Hello WordPress!!
    テーマを選んだり、プラグインを探してみたり、楽しんでください。

    公開しても良いデザインになったと思ったら、先述の説明のとおり、
    「hosts」ファイルに追記した行を削除してください。

    Advertisement

    DNSサーバーの変更

    いよいよ終盤です。DNSサーバーを変更し、全世界にブログ引越しを反映させていきます。
    お名前.comの設定を示します。

    お名前.com側の設定

    ログイン後、「DNS」タブで、「ドメインのDNS関連機能設定」を選択します。
    該当する内部ドメインを選択⇒左サイドバーのネームサーバーの変更を選択します。

    以下のネームサーバーを指定します。

    ns1.wpx.ne.jp
    ns2.wpx.ne.jp
    ns3.wpx.ne.jp

    完了後、設定が反映されるまで少し時間がかかります。私の場合は10~20分程度でした。

    wpX側の設定

    管理パネルの「ドメイン設定」から「ドメイン追加」を選択します。
    ドメイン名には、取得したドメイン名を記入ください。

    認証については、どれでも良いですが、Whois認証が一番楽でしょうか。
    大して時間は変わりませんので、お好みで選択ください。

    完全に移行が終わるまで1,2日かかりますが、
    少し時間が経てばSSLの設定ができるようになります。

    以上で、ブログの引っ越しは完了となります。

    SSL化

    では、最後にSSL化をしていきましょう。
    実に簡単です。

    wpXの管理パネルから、「WordPress設定」⇒「セキュリティ設定」の「SSL化設定」を有効にするだけです。

    詳細は公式サイトに書かれています。「SSL化補助機能」は使っておきましょう。
    https://www.wpx.ne.jp/server/manual/wordpress_setting_full_ssl.php

    以上で終了となります。

    移行が完了したのを確認したら、
    ライブドアブログの記事をすべて下書きにする等の処理をしましょう。

    お疲れさまでした!

    Googleアドセンス、受かりましたか?
    関連記事:Googleアドセンスの審査に1発で合格する方法

    ブログ記事に画像を使う時。鬼に金棒です。
    関連記事:Snipping Toolの使い方 ~スクリーンショットの進化系~