つみたてNISAの多大なる利点とSBI証券口座の開設方法

つみたてNISAの多大なる利点とSBI証券口座の開設方法

つみたてNISAをご存知でしょうか?

政府が国を上げて、投資家保護を図る目的で作ったメリット満載の投資家優遇制度です。

本記事ではメリットだらけの積立NISAの利点と、おすすめの証券会社であるSBI証券の口座開設方法を解説します!

更に、私も積み立てているおすすめの銘柄についてもご紹介します。

Advertisement

積立NISAとは?どんなメリットがあるの?

投機家保護を目的とした制度であるつみたてNISA。

一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

結論から言うと、年間40万円分までの投資に対して、利回りや売却益が20年間に渡って非課税となるメリットがあります。

また、投資対象となる投資信託(商品)も、政府から許可を得たものしか扱われないため、低リスクでそれなりのリターンが期待できます。

世の中には、証券会社が儲かるだけで、一般投資家が損をするような投資信託が山のように存在します。

残念ながら、殆どがそうだと言っても過言ではありません。

そんな中で、政府が商品を選定して、優良商品であるというお墨付きが得られたものだけが、つみたてNISAでは購入できます。

政府の本気度が伝わってきますね!

つみたてNISAにまつわる裏事情と流行らない理由

こんなにも素敵なつみたてNISAですが、メリットが大きいわりには、ふだん見聞きすることが少ないのではないでしょうか?

それもそのはず、証券会社としては、つみたてNISAの商品を売ったところで殆ど儲からないからです。

それどころか、自分たちが売りたい商品(証券会社が儲かる商品)が売れなくなってしまいます。

つみたてNISAの普及は国の意向なので取扱わないわけにはいきませんが、上記の理由から積極的に宣伝を行うことは無いのです。

つまり、自分から情報を仕入れようとしないと中々辿り着けない甘美な果実がつみたてNISAなのです。

インデックスファンド長期積立投資のススメ

それでは、つみたてNISAを用いてどんなものを積み立てていけばいいのでしょうか?

基本的なスタンスとしては、ノーロード(取引手数料ゼロ)であり、信託報酬がなるべく安いインデックスファンド(ダウなどの指標に追随する分散投資)をおすすめします。

以下の図は、1802年から2013年までの約200年間における、株・債権・紙幣・金(ゴールド)、ドルの資産価値の推移を示しております。

出所:AAII Journal

図を見て一目瞭然のように、200年以上に渡ってStocks(株)の価値が上がり続けており、他を圧倒したパフォーマンスを示しております。

注目すべきは縦軸なのですが、これは対数軸というものです。つまり、一メモリ毎に10倍になっております。

株の価値(配当含む)は、二世期もの間に渡って指数関数的に上昇し続けてきた、ということが、この図から示されております。

しかも、その平均年利は6.7%!!

富める者がますます富むこの世の中のカラクリは、資産家=投資家であり、上記のリターンを受け続けてきたからと言っても過言では無いのでしょう。

このような、富裕層たちが受けてきたような株による恩恵をモロに受けられるのが、上で申し上げた『ノーロード(取引手数料ゼロ)』で『信託報酬の低い』、『インデックスファンド(分散投資)』への『積立投資』なのです!

そして、つみたてNISAでは、投資利回りと売却益に対して非課税なので、市場価値(株価)の成長による恩恵が存分に受けられるのです。

長期積立分散投資による脱サラシミュレーションの記事に示した通り、年間100万円、年利5%で30年間積み立てれば、金融資産が6000万円を超えて、投資の利回りだけで生活できるようになります。年間200万円なら、20年以内に準富裕層入りできます。

共働き世帯であれば、夫婦二人のつみたてNISAの枠をフルに使うと、年間40万円×2=80万円の積立投資ができます。あとは、課税されるので利回りは落ちますが、通常の証券口座で積み立てるか、あるいは60歳まで引きおとし不可ではありますが、それでよければ確定拠出年金を活用することにより、30年後には十分な資産を築ける可能性が高いでしょう。

上記の内容はあくまでもここニ百年での経験則であり、未来を確約するものではありません。

もちろん元本を下回るリスクもありますので、自分が納得できる場合のみ、自身の許容可能な範囲内で投資を行いましょう。

Advertisement

つみたてNISAのおすすめ口座:SBI証券の口座開設方法

私がつみたてNISAや株の取引で普段使っている口座は、SBI証券です。

株の取引手数料も安く、目的とするつみたてNISAの商品も揃っており、サービスも充実しているからです。

私がメインで使っている住信SBIネット銀行との親和性が高いのも理由の一つです。

SBI証券にて積立NISA口座開設方法

本人確認書類のアップロード

まず、SBI証券 クリックして、口座開設画面を開きます。

次に、「口座開設はこちら」と書かれたタブをクリックし、口座開設手続きに進みます。

本人確認書類の提出方法についてのページが開きますので、①WEBアップロード、②書面で提出、③メールで提出、からお好きな方法を選びます。

個人的にはWEBアップロードが楽だと思います。

WEBアップロードを選択して次へを押すと、マイナンバーの確認書類の種類に関して選択画面が表示されるので、通知カードか個人番号カードからお好きな方を選びます。

なお、通知カードとは、マイナンバーが施工されたときに各家庭に配布された、紙のカードであり、個人番号カードはその通知カードを役所に持っていき、個人番号カードの受け取りを希望された方が所有するカードです。

どちらかを選択すると、アップロード画面が表示されるので、アップロード写真を選択してアップロードを行います。

通知カードを選択した場合は、顔写真付きの身分証明書のアップロードが求められます。

自動車免許証か、パスポートが一般的でしょう。

同様に写真をアップロードすると、アップロード手続きは完了です。

個人情報入力

次に、個人情報を入力していきます。

項目は以下です。

・名前
・生年月日
・郵便番号・住所
・性別
・電話番号
・メールアドレス
・居住地国

特に迷うこと無く記入できると思います。

特定口座、つみたてNISA口座開設

次に、証券口座の種類を以下から選択します。

・一般口座

・特定口座(源泉徴収なし)

・特定口座(源泉徴収あり)

一般口座は、ご自身で損益計算や確定申告を行う投資家向けの口座です。

サラリーマンや主婦の方など、確定申告を行わない人は、証券会社が損益計算から源泉徴収まですべてを代理して行ってくれる特定口座(源泉徴収あり)を選択することをおすすめします。

次に、NISA口座開設の開設についての打診があるので、つみたてNISAの口座を開設したい方は、つみたてNISAを選びましょう。

さらに、上で述べた住信SBIネット銀行の口座開設についても選べます。個人的にはおすすめの口座ですが、ここの判断はおまかせします。

以上で、証券口座の開設は完了です。

ログインして追加の個人情報を入力

上記が完了したら、取引を開始するための手続きに移ります。

SBI証券のサイトに行き、ユーザーネームとパスワードを入力してログインします。

ログイン後、職業やアンケートの入力画面が表示されるので、順々に記入していきましょう。

以上が完了したら、審査後に証券会社から口座開設完了のはがきが送られてきます。

そこに書かれた口座番号、取引パスワードを用いて、証券口座の取引は開始できます。

NISA口座については、同封された封書に本人確認書類を同封し、送付すればOKです。

Advertisement

管理人が積立中のつみたてNISAの商品

ご参考までに、私が積み立てている商品を紹介して、終わりとします。

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

前者は、S&P500という米国の株のインデックスに連動した商品です。

S&P500は、これまでの運用利回りが年平均で7%を超えており、かの有名な投資の神様「ウォーレン・バフェット」も、S&P500さえ買っておけばよいと言ったほどのパフォーマンスを出し続けているものです。

後者は、MSCIコクサイに連動した銘柄です。

MSCIコクサイは、約70カ国の株式に分散投資した商品であり、過去30年のパフォーマンスが年利平均7.8%というとんでもないスコアを叩き出しており、かの田端信太郎氏も初心者はこれだけ買ってればいいと言うほどのものです。

S&P500だけでは米国に偏った投資になるため、そのリスクヘッジとしてMSCIコクサイ連動銘柄を利用してます。

私は、これら二つをつみたてNISAを用いて月15000円ずつ積み立てております。

ご参考まで!

関連記事:【投資の最適解】長期積立分散投資を用いた不労所得による脱サラシミュレーション

積立投資カテゴリの最新記事